まずはセミナーに行ってミナ~マンション投資等の資産運用テク~

Home

注目の通貨

発行元政府を持たないお金

Real Estate

近年、ニュースなどでも話題になることの多いのが仮想通貨です。 仮想通貨とは、実際には通貨でないにも関わらずあたかも通貨のように一定の価値をもって流通するもののことをいいます。 「実際には通貨ではない」とは具体的にどういうことかというと、たとえば日本円や米ドルなどのように特定の国が発行したものではないということです。つまりその価値が法律によって保障されておらず、特定のコミュニティ内でしか通用しないということになります。 ただし特定のコミュニティといっても規模はさまざまです。地域の商店街だけで使えるお買物券などもある種の仮想通貨と言えますが、大規模なものになるとインターネット経由で世界規模で流通し、現在では現実の通貨並みに利用できる仮想通貨もあります。

現実の通貨との交換には取引所を利用

こうした世界規模で流通する仮想通貨を入手するには、取引所を利用します。取引所とは現実の通貨を仮想通貨に交換する場所のことで、交換手数料を主な収入源として運営されています。 取引所を利用する以外にも入手する方法はありますが、仮想通貨には現実の通貨と異なり銀行のような存在がありませんし、また保有している人から直接譲り受けようとしても独力で探し出すのは容易ではありません。また取引所では仮想通貨から現実通貨に換金することも可能です。 このようにして入手した仮想通貨は、そのコミュニティ内のさまざまなサービスに利用できるほか、最近ではいくつかの通販ショップなどにおいて現実の通貨同様に支払いに利用できるようにもなっています。特定の国における通貨危機の際の資産の緊急避難先として利用されることもあることから、今後は現実の通貨を相対化するような方向で普及が進むものと予測されています。